もしもアフィリエイト経由のAmazonアソシエイト審査に2度落ちた話

 

このブログを『もしもアフィリエイト』経由で『Amazonアソシエイト』に提携申請を出したところ、2度落ちました

 

他の2つのブログでは1度で合格したので、油断していました。

 

が、結論から言うと、このブログは3度目で受かりました

 

 

 

私の場合、審査期間は数日でした。

 

そして、1度否認されると、再申請できるようになるまで2~3日掛かります

 

よって、最初に申請してから受かるまでにトータル2週間ほど掛かりました。

 

 

 

そこでこの記事では、その過程や受かった時状態を書いていきます。

 

 

 

もしも経由のAmazonアソシエイト審査に2度落ちる

 

1度目の審査は完全に自分のミスでした。

 

Amazonアソシエイトの審査に受かるために必要な記事数は10記事以上です。

 

 

が、最初に申請した時は9記事でした。

 

そら受かりません。

 

確か以前は5記事以上だったので、完全に見逃していました。

 

 

 

そこで、記事を足して11記事の状態で申請(他は変更なし)しました。

 

結果、否認されました。

 

Amazonアソシエイトの審査に受かった時の状況

 

更に1記事追加して申請したところ、提携が承認されました。

 

 

3度目の申請をする前にやったことは2つだけです。

 

2度落ちた後にやったこと

 

・「ドラクエビルダーズ2体験版から製品版への引継ぎ方法」というゲーム記事追加

 

・トップページの表示数を5記事から10記事にした

 

 

追加した記事は、ただのゲームの引継ぎ方法を書いた記事です。

 

 

トップページに表示される記事数を変更したのは、「合格に10記事以上必要なら、トップページに10記事表示してアピールしたろ!」と思っただけです。

 

これが功を奏したかは謎です。

 

 

実際、2度目の状況でも受かる可能性はあったけど、落ちたのはただ単に運やタイミングが悪かっただけの可能性もあります。

 

そのため、何故受かったのかはこちら側では判断不能です。

 

 

 

受かった時の状況は以下の通りです。

 

受かった時の状況

 

・記事数12

 

・商品を紹介する記事は「ダンベルを買った話の記事」のみ

 

・他の記事はブログ運営、雑記、ゲーム記事

 

・アドセンス無し

 

 

特に特筆すべき点はありません。

 

 

以上のように、3度目の申請で合格しました。

 

 

正直、2度目と3度目の申請で何が変わったか(合格点に到達した理由)は分かりません。

 

しかし、少しの追加や変更でも意味があると思われます。

 

 

 

そもそも、Amazonの商品貼り付けはもしも経由にこだわる必要はありません。

 

が、もしも経由にする理由があります。

 

もしもアフィリエイト経由にこだわる理由

 

何故もしも経由で提携申請を続けたかというと、Amazonでアフィリエイトをするには、もしもアフィリエイト経由1択だからです。

 

 

Amazonと直接提携も可能ですが、「登録から180日以内に3件以上の売り上げが必要」になります。

 

何度も申請できるとはいえ、初心者にはかなり厳しい条件です。

 

 

 

一方、もしも経由だと受かるまで申請すればいいだけです。

 

それに、「かんたんリンク」という「Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング」の商品をまとめて表示できる機能が使えます。

 

 

よって、Amazonに直接提携するよりも、もしも経由の方が圧倒的に楽であり、その後のリンク貼りも便利になります。